少しでも右のホッペのたるみを抑えるために

わたしは歯並びが気がかりで右よりも左側で噛む癖がついています。
歯並びが整っていなくて右の歯に治療の痕がいくつかあって、詰めものを気にしてしまってよく噛むことができません。
当たり前ですがまちがいなく歯科へ行って暫定的なつめものではなく正式なものを詰めてもらっています。

けれどもものが頻繁に絡んで煩わしいので右の歯を使いたくなくなってしまったのです。
けれども左でずっと噛んでいたら右の頬が垂れてきてしまうんですね・・・。
やっぱり使っていない側の顔の筋肉は弱くなります。

左の歯で噛むのに慣れてしまって知らず知らずに左ばかり使っていたことを後悔して最近は右でも噛むようになりました。
意識していなければついつい左ばかりに戻ってしまうので参ってしまいますが、なるべく意識しながら食事をするように頑張っています。

そしてチューインガムを噛む際は右で噛むようにしました。
少しでも右のホッペのたるみを抑える為始めましたが、ガムをひたすら噛み続けているためか右のホッペが引き締まってきました。

美容のために神経を使っているのは、睡眠時間の確保、時間を取って入浴すること、「白湯」を口にすること。
お肌のターンオーバーがもっとも行われる時間帯は午後十時~午前二時までと言われているので夜更かししないように頑張っています。

また、エステのお姉さんにバスタイムはゆったりと「湯に浸かる」事と、お湯を飲用する事が美しい容姿作りになると聞いてからは、おフロにつかってなかったバスタイムを改善し、のんびりと入浴するように変えました。
スキンケア入浴剤なんかを購入して、アレやコレやとランキングするのもちょっとした遊びになっています。

今は、いくつもの入浴剤が販売されていて、効能チェックをしているだけでもハイテンションになります。
「白湯」を口にすることは、特に出費もなく容易く行えて良い美容方法だと思えたので、日常的に口にしています。
湯冷ましといっても、本当は、強火でわかすのが正解なのですが、それにとらわれない方が続けられると思ったので、電気ケトルを利用してズルしちゃっています。

簡単なので横着者のあたしであっても長続きしています。
女性ならみんな毎日の肌の調子など美容には関心が高いかと思います。
私自身がいつもやれる美容として気をつけていることは食事になります。

きれいな肌をキープする為には化粧落としや洗顔といったスキンケアは勿論大事なのですけど、体の中を健康にする事も大事な事なのです。
腸が健康じゃないのは特に良くありませんので、便秘などにならないような食事を毎日するように気遣っています。
食物繊維を多く含んでいる野菜を中心に、大豆製品などもバランスよく食べるようにしています。
生のお野菜を食べられない方などはスープにして、温野菜にして一日三回の食事で少しずつでも食べれば便秘も良くなると思います。

もちろんスナック菓子などはなるべく食べず、ビタミンCやコラーゲンなどが入っている飲み物を毎日1本、飲むことを習慣にするとお腹の調子を整えつつお肌の質もいい感じになります。
からだの内側を健康な状態にすればひとりでに肌質も健康的になっていきます。

This entry was posted in 美容.