兎にも角にもUVをシャットアウトすること

あたしが美容面において注意をしている事はできる限り、UVカットをして、シミやそばかすを作らないことです。
高い化粧品は買ったこともありません。
薬局に置いてある九百円前後で購入できるような、紫外線をカットできるベースミルクと、オールインワンファンデーション、そしてフェイスパウダーを叩いて朝のメイクアップは完了です。
あっという間に出来上がります。

夏に戸外にでる際は、つば広帽子もしくはUVカット傘が必要不可欠です。
あと、なるべく直射日光にならない所を通行しています。

また、三十代後半ともなると全面的に顔自体の皮フがゆるんできて、「法令線」が深くなったり、あごの下の肉が目立ってきたりします。
顎のたるみの予防には、「ベロ回し」で口を閉じたまま歯にそり右二十周、左も同じように二十周というので一括りとし、毎日2回くらいやり続けていると、顎のラインがすっきりしてきます。

「ほうれい線」はくちを開かないようにし、舌をアイロン代わりに、口の中からシワ伸ばしするのを、同じく20回を1セットで続けるとキレイになりますよ。

兎にも角にもUVをシャットアウトすること!を肝に銘じています。
元来肌が白いけれど本当に近年の夏は日光の照りつけがすごくて恐怖すら感じるのでUVケア商品は必需品です。
自宅に居ても日やけは避けられないということなので、一瞬屋外にでるだけでもダメージを受けるらしい。

ですので起床するたびにお化粧後に日焼け止めを塗布し、一回では心配なので幾度もぬり付けます。
ベランダに出る時もUVカット機能のあるパーカーを着用しています。
ハッキリ言って夏なんか長袖なんか着ないで外出したいところですが一度のお出掛けでも紫外線ダメージをくらうのは困るので辛抱しています。

あとはバスタイムにきちんと日焼け止め専門の洗浄剤で落とすこと。
お友だちに聞いてみると日焼け止めは使用していてもそれ用のクレンジング剤は使っていないという人が多数いるみたい(日やけ防止剤もつけてないという女の人の存在には面食らいましたが)。

湯上り後には高保湿のボディークリームでケアします。
安物のボディミルクですけど使わないより断然良いのです。

もうすぐ夏も終わりだんだん涼しい日が多くなっていくこの時期ですが、気になるのが乾燥してしまうお肌です。
しかも夏に受けたダメージがどんどん出てくる時期なのです。
暑い夏の紫外線の影響で肌の水分も失われてしまい、バリア機能も低下しやすい為乾燥の他にもシミや毛穴の問題も出てきます。
そういった問題を少しでも減らせるように今すぐにやりたい事は保湿です。

ちゃんと保湿をしてあげる事である程度のトラブルは防ぐ事ができると思います。
この乾燥の季節はお肌の状態も変化するため、お肌のケアもそれにあわせて変えてあげるようにしています。
暑い季節はサッパリ系の基礎化粧品や美白機能のあるものを使用しますが、涼しくなって来ると乾燥対策としてしっとりタイプの物をたっぷりと使用します。

そのほか、週に1,2回はフェイスマスクでお肌にたっぷり潤いを与えています。
お肌をちゃんと保湿すると化粧のノリもとても良いですし、すっぴんでいても気もちがいいです。
その他にも、体の中からのケアとして水分を多く摂取する事にも気を付けています。
水分をたくさん摂取する事で身体も髪の毛も潤うので水分補給はとっても重要だと思っています。

This entry was posted in 美容.