食べる際にしっかり噛むことを意識

40歳になったあたし、美容のことで気にかけている、意識したいこと、それに健康のためにも注意しなければならないことがいくつもあります。
外見やお肌の乾燥対策もそうなのですが、毎日のことなのに、習慣づけるのが大変で、気にかけていることは、食べる際にしっかり噛むことです。
子供の時からあたしは鼻づまりしやすく、しっかり噛まずに飲み込んでしまうのです。

歯科に行って相談したら、食べ方というのはそう簡単に変わらない、と言われてしまいましたが、意識的に、何回も噛むように心掛けています。
何回も噛むことで、消化吸収も良くなり、健康的でもあるのですが、顎をよく使うので、顔のたるみや歯ぐきの衰えにも効き目があるのだそうです。
歯は筋肉と同じでよく使うことで鍛えられていく、と歯科医が話してくれました。

そのせいかどうかは分かりませんが、顎の輪郭に関しては今のところたるみがひどくて頭が痛いということもないし、胃腸も調子が悪くなったりすることがあまりなく、健康な体を保っています。
体の調子が良くなければ美容は伴わないと思うので、気をつけていきたいと思います。

この頃美容で気遣っている事は体重を調整する事です。
私はどちらかというと、夏バテのタイプで夏の時期は4~5kgほど痩せます。
太っている人には羨ましがられるのですが、痩せ過ぎるとしわの増加や病気を抱えているのではないかと心配されます。

だから夏バテしないように自分にとっていい体重をどうキープしたらいいかという健康管理に気をつけています。
それによって今年の夏はいつもと違い2kgくらい増えてしまったのです。
年を重ねたからなのか分かりませんが、たいてい夏場は痩せて冬場は太るといった感じで平均体重のバランスをとっているのですが、今年はちょっと痩せないと駄目なようです。

夏にスイーツを沢山食べたことが原因で太ったようなので、今はおやつに果物や野菜などを取るようにしています。
お陰でいちばん良い体重に戻りました。
美しさというものを考えた時に痩せすぎていたり太りすぎていたりするのは魅力的ではありません。
特に年をとると痩せすぎた場合シワが目立ってしまいます。

一年間いろんな季節を迎えますが、それぞれの季節にあった食事のバランスを考えながら摂りベストな体重をキープできることが本当の美しさだと思います。
もう前からお通じが悪い方なのですが、それのせいもあり歳をとるにつれ顔色も悪くなり、キメも荒く疲れた肌になりつつあります。

やっぱりいくら肌の表面に高価な化粧品を一生懸命塗っても体の内側から整えなければ効果を上げることはできないので、毎日朝に青汁の粉末と酵素を牛乳に混ぜて飲んでいます。
お通じは良くなると思います。
飲むようになって直ぐには効果は見られないけれど朝の習慣にすることで冷えたミルクで腸が目覚め、徐々に便秘が解消されていくのを感じます。

きなこのパウダーを足して飲むときもあります。
お肌の状態は…と言いますと、お通じがよくなるにしたがい口の近くに時々できていた吹き出物ができなくなりました。
それからメイクのノリが以前よりもよくなってきています。

劇的に変わることはないけれど体の内側から次第に浄化されていく気がします。
それが精神的にも魔法をかけているみたいにプラスの効果となって現れてきています。
あとは顔色を良くしたいと思うので首から鎖骨のマッサージをしてリンパ節が滞ってしまわないように用心しています。

This entry was posted in 美容.